10月14日 松山東雲学園附属幼稚園運動会

かわいいご招待状を頂き、附属幼稚園の運動会の応援にかけつけました。
週末の天気予報は、『雨』。どうなることかと心配していましたが、園児たちのエネルギーと『てるてる坊主』の力が勝って、無事に運動会が行われました。

桑原キャンパスの中庭は子どもやご家族の方々であふれんばかり。大学生のボランティアも頑張ってくれました。

 

小西園長先生も田中副園長先生もニコニコ大活躍( ◠‿◠ )

子どもたちの懸命で可愛い姿にホッコリしたひと時でした。

10月5日

2017年10月5日

まちは秋祭りの準備で一色に染まるなか、思わぬ嬉しい訪問客を迎えました。
卒業生たちがふらっと大学に遊びにきてくれたのです。ピッカピカの新社会人で、悩みながらも元気に頑張っている様子。可愛い笑顔にほっと安心、楽しいお喋りのひと時でした。

私たちは、いつだってずうっと、みんなの幸せを祈り続けています。
卒業生の皆さん、いつでも母校に遊びにきてくださいね。

9月30日

秋晴れの愛媛国体

すばらしい秋晴れの下、愛媛国体の開会式にお招きを受けて出席しました。
天皇ご夫妻をお迎えし、子どもから大人まで2000人を超える人々が演じる華やかで心のこもった素敵なオープニングでした。
トーチリレーの最後に集火役を務めたのは、福井美香さん(写真オレンジシャツ)。いつも東雲のバレーやビーチバレーの指導をしていただいている美香さんが壇上に颯爽と立つ姿に感動し、とても誇らしかったです。ブルーインパルスも秋空に美しい弧を描いて特別な日を祝ってくれました。
この国体では東雲関係の選手たちもそれぞれに健闘され、若い力の躍動に感激する季節です。

9月28日

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体 出場選手・監督との懇談会

国体出場選手・監督を激励!!

いよいよ始まるえひめ国体。

国体に出場する本学関係者、
ホッケー成年女子出場の谷岡梨央さん(学生)、
バレーボール成年女子出場の菅 由加里さん(職員)、
国体ビーチバレー女子愛媛県選手団監督の福井美香さん(バレーボール部コーチ)、
国体ソフトテニス男子愛媛県選手団監督の小村 博さん(ソフトテニス部監督)
を囲んで、懇談会を開きました。

 

皆さんの国体にかける熱い思いを語っていただいた後、本学を代表して小西理事長から、熱い熱いエールが送られました。
皆さま、どうぞお怪我のないように。
心からご健闘をお祈りいたします。

 

9月21日

2017年9月21日(木)

昼下がりのキャンパス中庭 

お天気に恵まれ、附属幼稚園の園児たちは中庭で、お昼の時間を過ごしています。

お弁当を食べたり、運動会のリレーの練習で走ったり、ダンスをしたり。

「はあ~い。そろそろお部屋に帰るよ~。」先生のかけ声で、中庭で遊んでいた園児たちは、先生のところに集まりました。

 

からだを動かした後は、『紙しばい』を見て一休み。

いったい何のお話しでしょう。

とっても、とっても微笑ましい1コマです。 

≪学長室の窓から≫

 

8月4日 ムーンライト・オープンキャンパス

2017年8月4日

ムーンライト・オープンキャンパス

今回3年目を迎えた夜のオープンキャンパス。

参加してくださる方が年々増え、今年はピアホールがいっぱいになりました。

嬉しいかぎりです。

 

短い時間ですが、『東雲の学び』に触れてみてください。

疑問に思ったところは、どんどん質問してください。

皆さんのこれからの学びに、繋がりますように。

ムーンライト・オープンキャンパスが終わり、皆さんが帰る頃には

夜道を照らす月が出ていました。

皆さん、気を付けてお帰りくださいね。

7月3日

2017年7月3日(月)

社会人学生の集い 

昼休み、本学で学ぶ社会人学生の集いを開きました。

さすが社会経験のある学生さんたち。
短い時間でしたが、女子トークで大いに盛り上がりました。

理事長、大学副学長、短大副学長も交えて、
日常の様々なことについて情報交換がなされました。

こういう集いの機会があって良かったとの意見をたくさんいただきました。
今日の交流が皆さんの学生生活の活力になりますように。 

 

6月22日

女子大学と協定校の中国の江南大学との短期交流(受け入れ)プログラムが、6月19日(月)から始まりました。今日のお昼休みに、叶さんと紀さんの2名の短期交流学生が学長室に来てくれました。

おふたりは江南大学日本語学部の3年生で、ふたりとも日本は初めてですが、10名の応募者の中から選ばれたそうで日本語がとても流暢です。

早速、本学の授業やゼミに参加し、学生たちとよい交流をしているようです。
わずか2週間のプログラムですが、東雲や松山のことをたくさん楽しんでくれますように。

左から2番目が紀さん、右端が叶さん

 

5月30日

5月30日

大学と協定校であるマレーシアのマラ工科大学との短期交流プログラムが始まりました。二人の短期交流学生は、朝のチャペルアワーで素晴らしい自己紹介をしてくれました。二人とも日本は初めてで、「短期交流学生として東雲に来られたことをとても嬉しく思っています。」とのこと。

学長室にも寄られてイスラム文化のことなどを楽しそうに話してくれました。今はちょうどラマダン(断食月)ですので、日没後でないと彼女たちは飲食できません。「大丈夫ですか?」と心配して尋ねると、「大丈夫です。私たちは若いから。」と、ニコニコして元気な声で答えてくれました。貧しくて食べられない人々の思いを分かち合うための大切なイスラムの行事だそうです。ホストファミリーの料理も美味しく楽しみとのことでした。

二人のために最高のプログラムになるよう、教職員みんなも頑張ってくれていて感謝です。

英語コミュニケーション専攻で大学教員を目指しているカカさんと、
土木工学を学んでいるフィファさん。
とても明るく聡明な学生さんたちです。

交流学生と市河連携交流センター長とともに。

5月

5月のみどり爽やかな日。

中庭で学生たちが楽しそうにダンスをしています。
保育科1年生の授業。
通りがかりの私たちも一緒に楽しくなります。
耐震工事で体育館が使えないので、今日は中庭を利用して授業をしているようです。

**********

頂いた薔薇の花束を挿し木にして育てていました。
1年後、素敵な花を咲かせてくれました。
けなげに頑張る花に思わず声をかけました(*^_^*)