5月30日

5月30日

大学と協定校であるマレーシアのマラ工科大学との短期交流プログラムが始まりました。二人の短期交流学生は、朝のチャペルアワーで素晴らしい自己紹介をしてくれました。二人とも日本は初めてで、「短期交流学生として東雲に来られたことをとても嬉しく思っています。」とのこと。

学長室にも寄られてイスラム文化のことなどを楽しそうに話してくれました。今はちょうどラマダン(断食月)ですので、日没後でないと彼女たちは飲食できません。「大丈夫ですか?」と心配して尋ねると、「大丈夫です。私たちは若いから。」と、ニコニコして元気な声で答えてくれました。貧しくて食べられない人々の思いを分かち合うための大切なイスラムの行事だそうです。ホストファミリーの料理も美味しく楽しみとのことでした。

二人のために最高のプログラムになるよう、教職員みんなも頑張ってくれていて感謝です。

英語コミュニケーション専攻で大学教員を目指しているカカさんと、
土木工学を学んでいるフィファさん。
とても明るく聡明な学生さんたちです。

交流学生と市河連携交流センター長とともに。

5月

5月のみどり爽やかな日。

中庭で学生たちが楽しそうにダンスをしています。
保育科1年生の授業。
通りがかりの私たちも一緒に楽しくなります。
耐震工事で体育館が使えないので、今日は中庭を利用して授業をしているようです。

**********

頂いた薔薇の花束を挿し木にして育てていました。
1年後、素敵な花を咲かせてくれました。
けなげに頑張る花に思わず声をかけました(*^_^*)