9月5日

9月5日(水)

秋らしく爽やかな明るい午後、毎年女子大学に短期留学で来られる中国やマレーシアの学生たちを10年間にわたりホームステイで受け入れてきてくださった河合様ご夫妻が来学され、大学から心からの感謝状と心ばかりの記念品をお送りさせていただき、楽しい歓談のひと時を過ごしました。

宗教や生活習慣の違いなどでたくさんのご苦労をいただいていることと思いますが、一緒に料理をしたり、和紙や着物の端切れで小物づくりを教えてあげたり、お城山に登ったり、いつも穏やかに優しく自然体で留学生たちを受け入れ、接してくださる日本のおとーさん、おかーさんに、留学生たちの思いも込めて心からお礼申し上げます。

元留学生からつい先ごろ届いた手紙を見せていただきましたが、ご夫妻への感謝の言葉とともに「私の喜びと幸せをお父さんとお母さんに伝えたいです。」と結婚の報告が書かれていて、ご夫妻もとても嬉しそうでした。国を超えて温かい信頼の絆が結ばれ、若い人たちの未来に確かに繋がっていることを実感し、大変嬉しくありがたく思いました。

私もかつて留学時代に優しいホストファミリーにお世話になったことを思い出し、胸が熱くなりました。無償の愛に若い心は育てられてゆくのだと思います。河合様ご夫妻の大きなボランティア精神に私たちはお頼りするばかりですが、どうぞこれからも変わらず留学生たちをお支えいただきますように心からお願い申し上げます。